【対処法を知ろう】職場で嫌われる人の特徴・習慣8選

職場の中に、必ずと言っていいほど、誰からも嫌われている人っていますよね。

生きていくうえで、できれば人間関係に支障をきたす行動は避けたい。

1番最悪なのは、「自分も無自覚でやってしまっていることです。

本記事では、私が今までさまざまな職場を通じて、周りから嫌われている人にはどんな特徴・習慣があるのかをまとめました。

それぞれの項目に、そういう人に遭遇したときの適切な対処法も記載してあります。

もしあなたにも当てはまっているものがあったら、嫌われる前に早急に改善に努めましょう。

目次

1. すぐに感情的になる

1つ目は「すぐに感情的になる人

上司や同僚にすぐに感情的になる人がいると、毎日強いストレスを感じますし、苦労しますよね。

同僚ならまだしも、上司にそういう人がいると本当に厄介です。

なぜなら、面と向かって言いにくいから。

直接言ってしまうと、あなたの評価にもかかわるのでオススメできません。

性格がとてもやさしい方は、怒鳴られるだけで委縮し、自信を無くしてしまうでしょう。

タクミ

最悪の場合、体と心を壊してしまうため、非常に危険な存在です。

オススメの対処法〇:内心で見下せ

すぐに感情的になる人への対処法は、「内心で見下す」ことです。

感情的になる人間は、人間的に未熟であり、精神的に幼いことが原因です。

柔軟な考えができず、自分の考えがすべて正しいと思っているため、あなたが別の意見をしようものなら感情的になって否定してきます。

そんな人を相手している時間は、無駄です。

まともに取り合わず、「可哀想な人だな」と内心で見下したほうが、精神的にはラクです。

NG対処法×:怒りの沸点を把握する

すぐに感情的になる人への対処法の中でやってはいけないのが、「怒りの沸点を把握すること」です。

部下

・何をしたら怒られずに済むだろう…
・意見したいけど絶対否定されるな…
・間違っていることを指摘できない…

など常に顔色をうかがうことは、精神的にかなり疲れます。

何を言っても理不尽に怒られるのだから、怒られないような立ち回りをしても自分自身が疲れるだけです。

そんな人間に取り繕う努力も時間の無駄

ありのままの自分でいながら、内心で見下しましょう

2. 相手の気持ちを考えられない

2つ目は「相手の気持ちを考えられない人」。

いますよねー。自分の考えがすべて正しいと思っている人。

こういう人に仕事やプライベートでの悩みごとを相談しても、常に自分目線で正しいと思っていることや正論しか述べません。

  • なぜあなたに相談したのか
  • 何を求めているのか
  • 何を言ってほしいのか

を汲み取れず、あなたの悩みごとや考えを全力で否定してくるのです。

しかし、相手の立場に立って考えられるようになると、仕事やプライベートでも人間関係全般が円滑になります。

オススメの対処法〇:何も相談するな

相手の気持ちを考えられない人への対処法は、「何も相談しないこと」です。

相談しても、有意義な時間になることはほとんどありません。

なぜなら、自分で正しいと思っていることや正論しか述べないからです

こういう人は、無意識に「世界が自分を中心に回っている」と考えています

あなたが思っていることを否定してくるだけなので、相談相手に選ばないほうがいいです。

相談した結果、最悪の場合「説教」のようなことになりかねません。

できる限り距離を置き、関わらないようにしましょう。

3. 話をしても反応が薄い

3つ目は「話をしても反応が薄い人」です。

最初に言っておきます。

反応が薄いことは、決して悪いことではありません。

しかし、職場にいると嫌われやすいです。

そもそも反応が薄い人の特徴としては、

  • 話を聞いていない
  • 内容に関心がない
  • 話を理解していない

などさまざまですが、①と②に当てはまる人がいれば、それは要注意です。

①の話を聞いていない人は、自分では問題ないと思っていても、相手からはすぐに分かります。

あなたが仕事をしながら片手間に聞いていたり、頭の中で別の考え事をしていては、

職場の人間

真剣に話しているのに、全く聞いてくれない

と話す意欲がなくなります。

もし、話の内容が重要な仕事の内容であっても聞いていなければ、相手を怒らせてしまうことになりかねません。

②の内容に関心がない人は、相手が話をしていても興味が湧かないので、表情やリアクションも変わらないでしょう。

正直、話をしている側からすると「非常に話しにくい」です。

人間だれでも興味や関心がないことはあります。

無理やり話題に付き合えとはいいませんが、ずっと無意識にそっけない態度をとり続けると、周りから敬遠されていくでしょう。

4. プライドが高い

4つ目は「プライドが高い人」です。

プライドが高い人は常に、自分に非があっても認めず、弱みを見せません。

弱みを見せないということは、内心では「自分を大きく見せたい」と思っているため、プライドが高いのです。

威厳や立場を示すために、自分の弱みを周りに見せないように振る舞うことは大いに結構です。

しかし、自分に非があった場合に素直に認めることができないと、周囲との間に壁ができてしまいます

その結果、周囲と打ち解けることができず「接しにくい」と思われてしまうことも少なくありません。

自分に非があるときは素直に謝り、相手の意見を聞き入れる姿勢を身につけましょう。

オススメの対処法〇:絶対に否定せず、肯定しろ

プライドが高い人と接する際の最大のポイントは「否定をしない」ことです。

プライドが高い人は、自分の考えや意見に絶対の自信を持っています

話の間違いや考えを否定すると、拗ねたり不機嫌になったりします。

タクミ

もう子どもと接しているみたいですよね(笑)

いまの職場に異動などがあれば問題ないですが、長期的にうまく付き合っていきたいなら、絶対に否定はしないでおきましょう。

NG対処法×:目に余るときは主張する

プライドが高い人の中には、言動や行動が横暴な人がいます。

たとえば、

  • 自分のプライドを傷つけてくる人をイジめる
  • 平気で悪口を言う
  • 自分が発言することは絶対

など。

よく「言動や行動があまりにもヒドい場合は主張しろ」という意見が見られますが、私はオススメしません。

なぜなら、時間の無駄だから。

そんな幼稚な人に構っていられるほど暇ではありませんし、巻き込まれないように自分自身を守りましょう。

ただし、自分にとって大切な人が標的にされた場合は除きますが

5. 他責思考

5つ目は「他責思考の人」です。

何かミスやトラブルが起こったときに、「自責思考の人」は周りから良い評価を得やすいですが、「他責思考」の人は悪い評価になりやすい傾向にあります。

なぜなら、他責的な人は自責的な人とは違い、当事者意識がなく自分で問題を解決しようとしないからです。

問題の原因を自分以外に求めるので、解決のためのアクションをしようとはしません。

たとえば、

  • 仕事でミスをした→上司の指示が悪い、サポートがなかった
  • 営業ノルマを達成できなかった→営業日数が短かった、新人だから、達成できないような高い目標だったから

など、すべてを他人や環境のせいにしようとします。

こういう人たちは、問題解決のためのアクションをしようとしないため、当然状況が変わることはなく、周囲から嫌われるのです

確かに他人や環境にも問題があるかもしれませんが、すべてを他責にし続けていると、周囲から避けられたり、仕事を任されなくなってしまうでしょう。

オススメの対処法〇:「あなたに原因があるとしたら?」と問いかける

常に他責思考の人は、長年にわたり他責の思考が染みついてしまっています

長期間にわたって形成された性格や考えは、急に変えることはできません。

そんなときは、何かミスやトラブルが起こったときに「もしあなたに原因があるとしたら何かな?」と問いかけてみましょう。

そうすると、相手は「自分に非がなかったか、原因はなかったか」と考え始めます。

最終的に、問題解決への行動を起こし始めたらベスト

このように、他責思考から自責思考へと促していくことが重要です。

6. 清潔感がない

6つ目は「清潔感がない人」です。

これは、職場以外でも当てはまりますが、ビジネスの現場では特に嫌われる原因です。

そもそも清潔感がないとは、主に外見のことを指します。

たとえば、

  • クサい(お風呂に入っていない、体臭)
  • 服装(シワだらけ、洗濯してない)
  • 髪型(ボサボサ、フケが服に付いている)
  • 爪(黒ずんでいる、伸びっぱなし)

など。

清潔感がないのは、相手への配慮が足りないということです。

相手を不快にさせないように気を遣う努力は、自分磨きにもつながります。

どんなに人当たりが良い人でも、清潔感がないと避けられますし、嫌われてしまうのです。

職場で嫌われないためには、清潔感が欠かせないのです。

オススメの対処法〇:近い関係であれば、こっそり言ってあげる

清潔感がない人は、今までの生活習慣もあり、無自覚な場合が多いです。

本人に指摘してあげないと、気付けません。

相手が近い関係の人であれば、こっそり教えてあげるのがベスト。

職場の人間

・取引先の方々に失礼だから、もう少し恰好ちゃんとしたほうがいいよ
・いつも服がシワシワだと印象良くないよ

と、指摘してみましょう。

ただし、職場の人間が多くいる中で指摘することは、本人が恥をかいてしまいます。

指摘する際は、2人きりのときにしましょう。

7. 挨拶ができない

7つ目は「挨拶ができない人」です。

サラリーマン

挨拶しない人なんているの!?

と思われるでしょうが、本当に実在します。

なぜ挨拶をしないのかは正直分かりません。

  • 話しかけにくい人間関係なのか…?
  • 恥ずかしいのか…?
  • 挨拶は必要ないと感じているのか…?

理由は定かではありませんが、挨拶は「相手への敬意」です。

一緒に仕事をするうえで、挨拶をしない人は周囲から忌み嫌われます。

社会人としての基本ができない人とは、一緒に仕事もしたくないでしょう。

オススメの対処法〇:割り切って付き合う

よく「無視される人には、名前を入れて挨拶しましょう」という意見が見られますが、私はオススメしません。

わざわざ名前を入れる必要はありません。

なぜなら、相手も「自分に対して挨拶されている」と気付いているから。

挨拶をしても返事が返ってこない人とは、割り切って付き合うしかありません。

無視されても、あなたは挨拶を継続するだけです。

相手から返ってくることは期待せず、完全に割り切って作業のように挨拶をすればいいのです。

8. 常にネガティブ

最後の8つ目は「常にネガティブな人」です。

タクミ

どの職場にもいますよね、口から愚痴しか出てこない人。

  • アイツは仕事ができない
  • なんで評価されないんだよ
  • 〇〇さんのこと嫌いなんだよね~

こういう愚痴しか言えない人は、器が小さく、常に他人を妬んでいます。

私たちのことを、愚痴の吐き溜めとしか見てないようにも思えますよね。

もちろん、仕事のストレスで愚痴を吐きたくなるときはたくさんあります。

しかし、何を話すにしても愚痴ばかりではネガティブすぎて周囲から嫌われますし、愚痴の標的にされないようにだんだん離れていくでしょう。

愚痴りたい気持ちは十分理解できますが、良いことは自分のストレスが少し軽減されるくらいです。

あなたにも当てはまる部分はきっとあるでしょう。

この記事をきっかけに、自分自身の言動を振り返ってみてください。

オススメの対処法〇:共感するフリをする

常にネガティブな人で愚痴ばかり言う人には、共感するフリをしましょう。

相手と一緒になって愚痴を言ってはいけません。

あくまで共感するだけです。

相手と一緒になって愚痴を言うと、

職場の人間

あの人も〇〇さんのこと悪く言ってたよ

と告げ口される可能性があります。

他人の愚痴を言う人は、たいてい陰湿な人が多いです。

自分が被害を受けないように、相手の愚痴には共感するフリをし、テキトーに相づちを打っておきましょう

まとめ:周りから好かれる人間になろう

今回は、職場で嫌われる人の特徴・習慣8選を紹介しました。

  1. すぐに感情的になる
  2. 相手の気持ちを考えられない
  3. 話をしても反応が薄い
  4. プライドが高い
  5. 他責思考
  6. 清潔感がない
  7. 挨拶ができない
  8. 常にネガティブ

職場で嫌われる人の特徴をひとことで言うならば、「周囲への配慮が足りない器が小さい人」です。

自分の普段の言動や行動に思い当たる節がある方は、この記事をきっかけにしてみてください。

自分自身をコントロールし相手への配慮ができているか、時々振り返ってみましょう。

ではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

タクミノアイランドのアバター タクミノアイランド ファイナンシャルプランナー

25歳サラリーマン👔|金融オタク|暇さえあれば読書or勉強してます。
お金・仕事・書籍について役立つ情報を発信☀
新卒で地方銀行に入行→現在は大手美容広告会社営業マン。
複業で2級FP技能士として活動中。

記事にコメントを残して頂ければ、私の解る範囲でお答えさせて頂きます。

コメント

コメントする

目次
閉じる